お酒が飲めないという人 | たくさん給料が欲しいなら、ガールズバ―求人を試してみよう!
menu

お酒が飲めないという人

緑の髪色の女性

初めてガールズバ―で働くとなると、いろんな不安要素が出てくると思います。
例えば夜のお店で働く場合、まず思い浮かぶことになるのがお酒のことですよね。
これはガールズバ―でももちろんよくあります。

ではどんなときにお酒を飲むことになってしまうのか?
ガールズバ―の仕事では、その業務の中でお酒を飲むような機会はありません。
しかし、ガールズバ―を利用するお客さんの多くはあなたにお酒をご馳走してくれることがあります。
ガールズバ―のお客さんは自分だけがお酒を飲むのではなく、お店の女の子と一緒に飲みたいという気分の人が多いのです。
だから注文の際にはお客さんから「なに飲む?」と聞かれることはザラにあります。

もちろんその際には、基本的に断らない方がいいでしょう。
断ってしまえば当然お客さんの気分を害することにつながります。
だからほとんどの人は、ガールズバ―に出勤して毎回お酒を口にすることになると思います。

ではお酒が苦手だという場合はどうすればいいのか?
もしお酒がダメなら、できるかぎり水で薄めるようにすればいいでしょう。
お客さんがおごってくれるといっても作るのは自分自身になりますので、自分で好きなようにアルコール濃度を調節することができます。
つまりお酒が苦手な人はこれで乗り越えられるようになります。

ただし目の前で薄めてしまうとお客さんに突っ込まれてしまうので、わからないようにコソコソやることが重要です。
もしくはお酒の色と似たソフトドリンクを選んで飲むという手もあります。
ただこの方法を取ってしまうと詐欺になってしまうので、どうしてもソフトドリンクがいい場合は素直に伝えた方がいいと思います。